アジア大会@台湾に備え、アンチドーピング研修を実施しました

2017.11.23

NEWS





JDSFでは、ユースBboy/Bgirlの世界での活躍をサポートすべく、アンチドーピング研修を定期的に実施しています。

台湾でのアジア大会を控えた2017年11月23日、JDSFアンチドーピング委員長の古瀬精一を講師に、ブレイクダンス選手が日本代表として大会に出場するために知っておくべきドーピング基準と過ごし方についてしっかり勉強をしました。

過去の実例を交えて、今後起こりうる可能性など、選手目線での講習会が開催され、選手も積極的に質問しながら参加していました。